« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月26日 (火)

予定変更!

来月の参院選。当初7月22日と言われていた投票日が、政府の勝手な都合で国会が延期されたために、7月29日にずれ込みました。

世の中は夏休み。小学生がいる我が家にとっては、22日と29日じゃ大違い。予定が狂った人は、全国にたくさんいるはず・・・。

私の周りでも、航空券のキャンセル代が2万円もかかり、「安倍さんに請求したい!」と憤慨する人(実は母ですが・・・)、家族との旅行を取りやめた人などなど。

実は私も、ママさんバレーの大会が29日にあって、久しぶりに参加できるかなぁ・・・なんて楽しみにしていたのに。メンバーのみんなにも、“今度は出ま~す!”なんて宣言してたのに・・・。

どうしてくれよう、この全国に渦巻く予定変更!

でも、年金や働き方、子どものこと平和のこと、大事なことがかかった大切な選挙です。予定変更なんて言ってられません。

阿倍首相は“憲法改定を選挙の争点にし、国民に問う”と豪語してますが、一番の目的は憲法9条を変えること。

Photo_1 そこで、私がいつもチェックしているサイト『マガジン9条』をご紹介します。

“憲法9条を知ってる人も、知らない人も、みんなで考えるヒントにしてほしい”との趣旨。

“やわらかく、おもしろく、たのしく、わかりやすく、ふかく”をモットーにする企画や記事は、興味が尽きません。

ぜひご一覧を→http://www.magazine9.jp/index.html

60_350_a_1

| | コメント (4)

2007年6月24日 (日)

おかげさまで34歳

Img_1576 おかげさまで34歳になりました。

夜にはケーキを家族みんなで食べました。

“happy birthday dear おかあさん・・・”と子どもが歌ってくれました。うれしいです。

夫もシャンパンを選んでくれました。ロゼのきれいな泡を眺めながら、おいしくいただきました。

家族との時間を大切に楽しめる生活。そんな幸せを感じられる瞬間に感謝。 

| | コメント (0)

2007年6月20日 (水)

削って削って

県内ほとんどの市町村で議会が終わっているというのに、水戸市議会はまだまだ28日まで続きます。

明日が私の質問日。最近苦労するのは、質問の内容以上に、限られた時間にどうおさめるかということ。

私が議員になった4年前は、毎回の議会で1人1時間ずつ質問できました。それが、去年の3月から1人あたり30分に減らされたのです。

“効率的な議会運営”という理由で、議員自身が決めてしまいました。議会の中で大事な審議の時間を削くことが効率的?

いまでも1時間に戻すよう求めていますが、資料を調べ、現場に行き、みなさんの意見を聞いたことを質問に反映させようと思うと、つい原稿が長く・・・。

今回も最初に書いたものを、ここも削って、あそこも削って3分の2に短くしました。現場の生の声を一生懸命話してくれた方には、本当に申し訳なく思います。

短くなっても、言いたいことや質問の趣旨は変わらないよう、文章力が問われるのですが、ここが私の苦労しているところです・・・。

| | コメント (3)

2007年6月16日 (土)

父の日に

現在、夜の11時を過ぎました。市役所の議員控室で、質問原稿書きをやっています。そろそろ帰ります。

今日は午後から、月1回、日本共産党が開いている無料法律相談の担当で、(というと誤解を招きますね。実際の相談は、もちろん弁護士がメインで受けます・・・)昼から市民会館に来ていました。

明日は父の日だというのに、徳島にいる実父にも、岐阜にいる義父にも、そして、今日も子どもをみてくれていた夫にも、何も用意できていません・・・。

申し訳なく思いながら、明日を迎えます。気持ちだけでも、“いつもありがとう”。

| | コメント (2)

2007年6月13日 (水)

明日から6月議会

明日から6月議会が始まります。年に4回、3月・6月・9月・12月に定例の議会が開かれます。(その他に臨時議会もあります。)

1期目の4年間にも、計16回の定例議会がありました。

2005年3月議会だけは、娘を出産した後でしたのでお休みしましたが、それ以外の議会では、毎回、質問に立ちました。

あっ!去年の6月議会は、納得できない理由で議会出席停止の処分を受け、準備していた代表質問ができずに、悔しい思いをしたんでした・・・。

振り返ると、特に忘れられない、感慨深い議会があります。

初当選後、はじめての定例議会で質問に立った時の緊張感。心臓はバクバクしているのに、頭の中はやけに冷静で、あのときの緊張感は今でも忘れられません。

それから2004年12月議会は、のちに“メガモール議会”と呼ばれましたが、国内最大級のショッピングセンター「メガモール」の開発を認めるのかどうかで議会がめまぐるしく動く中、私のお腹の中では、あと1ヶ月後には生まれてくる子どもが元気に動き回っていました。

ただ、その議会が開かれる直前の11月に、水戸市内で私も知り合いだったお母さん(学校の先生をしていました)が、息子さんに殺されるという本当に本当に痛ましい事件がありました。

私の心も深く傷つき、今、自分のお腹の中にいる命の存在を見つめなおしていました。

そんな時、議会の質問で、ある男性議員がこの事件に触れてこう言い放ったのです。「自分の子供一人教育できなくして、人の子どもを預かったって何の教育ができるんだ」と。

その言葉を聞いた瞬間、私の心拍数は一気に上がり、息をするのも苦しくなり、お腹が張ってきました。

私は自分の席から「言いすぎだ」と抗議しましたが、さらに「親を殺すような子供に育てた先生が、何で子供の教育ができるんだ」と発言しました。

お腹は痛いぐらいに張り続け、このままでは赤ちゃんに酸素がいかなくなるんじゃないかと心配になり、必死に気持ちを落ち着けようとしましたが、悔しくて悔しくて・・・。

私も命を生み出し、育て、守る母親の一人として、自分の子どもによって自らの人生に終止符を打たれたお母さんが、どれだけ無念だったか・・・。

そのことにまったく思いをはせずに母親の尊厳を傷つけるようなことを、議会という公の場で発言することに、心の底から怒りを感じました。

その議員のすぐ後が、私の質問の順番でしたので、何とか気持ちを落ち着けて壇上に立ちました。

この2004年12月議会は、今でも忘れられない議会の一つです。12月16日に議会が終わり、翌年1月に無事に娘が生まれてきました。

子育てしづらい今の世の中で、私の議員としての役割は何なのか、いつもいつも考えています。

明日から始まる議会は、波乱なく進むでしょうか?最近の水戸市議会は波乱万丈です。

| | コメント (0)

2007年6月10日 (日)

ただいまキャラバン中

Car_1

日本共産党は、青年の願いを掲げて、党の姿をアピールする全国キャラバン中です。全国を2コース(東回り・西回り)に分かれて快走中。

東コースは、今月6日に東京をスタート、25日に長野県でゴール。明日、11日に茨城県入りです。

午後から水戸市内に、こんなポップでかわいい宣伝カーが走ります。私も青年のみんなと乗る予定。

毎日の様子がブログで紹介→車長のブログ

“青年の願い”って何だろう?

まともに働きたい!思いっきり遊びたい!ゆっくり寝たい!信頼できる友達つくりたい!いい恋愛したい!やりたいこと見つけたい!自分の存在認めて欲しい!生きてる実感、感じたい!普通に幸せになりたい!

私も大学生の頃、働き始めた頃、感じてたことです。

“若い人は政治に無関心”という前に、若い人の方を向いた、声を聞いた政治をしなくっちゃ!

| | コメント (1)

2007年6月 8日 (金)

私のアピール

Img_1521_3 私の車と手帳にある「まもろう憲法9条」アピールです。

こうして、意識的に目に見える形でアピールすることが求められている状況に、今、憲法が置かれているということ・・・。

“もう二度と日本は戦争をしない”“そのために武器は持たない”ということを、日本が世界の人に誓った約束なんだよ、と子どもに話します。

その約束を投げ捨てて、どんな日本をつくろうというのでしょうか。

Img_1529_3世界の軍事費128兆円(人口1人あたり2万円)のうち、約半分を占めるアメリカの軍事費を、さらに日本に肩代わりさせようというのでしょうか 。

今でも日本の軍事費(2005年)は、アメリカ、イギリス、フランスに続いて世界第4位で、約5兆円!

そして、アメリカ軍に代わって日本の自衛隊を他国に送り込むというのでしょうか。

イラク戦争で命を落としたアメリカ兵は、すでに3500人を超えたと言われています。

“戦争のない平和な未来”という理想をあきらめないためにも、私たち日本が60年間大切にしてきた平和憲法は、世界の宝です。

| | コメント (2)

2007年6月 6日 (水)

この夏

朝夕はまだまだ涼しく過ごせますが、日中は暑いですね。

昨日の午前中は、参院選・予定候補の田谷たけおさんと一緒に、市内で街頭宣伝しましたが、暑かった・・・。

国会は年金問題で大荒れ。年金となれば、いやが応にも関心は高まります。田谷さんの話しにも、家の中で、スーパーの駐車場で、たくさんの方が耳を傾けてくれているようでした。

年金、くらしと働き方、政治とお金、憲法など熱い争点で、真夏の暑い選挙になりそうです。

今夜は水戸市民会館で、党の演説会が開かれます。市田忠義さん(参院議員)がどんな話しを聞かせてくれるか楽しみ。

市田さんのホームページで、つい私が読みふけってしまったのは「市田さんてこんな人」。時間がある時に見てみてください。市田さんてこんな人はこちらから。

Img_1522_2 来週からは、息子の小学校でもプールが始まるとのこと。着実に夏が近づいてます。

庭の花壇に植えてあったパンジーもいよいよ終わり。苗を抜き取り、咲き残った花をガラス瓶に挿して、最後を楽しみます。

| | コメント (0)

2007年6月 5日 (火)

傾聴

「傾聴ボランティア」という言葉を、今日初めて耳にしました。名前の通り、相手のお話を聞くボランティアで、ボランティア活動をするための講習会も開かれているそうです。

そして、考えました。私の議員活動も「傾聴ボランティア」かも・・・。訪ねていった玄関先で、市役所で、時には電話で、何分も何時間もお話を聞くことがあります。

ただただ、その人の話に耳を傾け、相づちを打ち、共感する。そんなことが、これまでの4年間の議員活動の中で、なんと多かったことか。

慣れないうちは、何か自分なりの意見を言わなくちゃと気を遣ったり、話を聞いたからには悩みが解決できる具体策をとらなくちゃと考えたりもしました。

もちろん、そういうことが必要なときもありますが、こちらが話しを聞いてあげるだけでいいんだということが体験を通じてわかってきました。

ただ、私の方が人生経験が浅いことの方が多いのも事実。「話しを聞いてあげる」というよりも、「話しを聞かせてもらっている」というほうが、私の気持ちに近いのです。

私も、誰かに聞いてもらいたいときがあるから、人は誰でもお互い様です。

| | コメント (1)

2007年6月 4日 (月)

忙しい学校

息子が小学生になって2ヶ月。親として、やるべきことの多さに戸惑い気味です。

学校の行事にPTA活動、地域の子供会に、学童クラブの行事と父母会、学童保育連絡会の活動・・・。

お知らせの通知に目を通して、提出物を確認し、スケジュールをカレンダーと手帳に書き込み、自分と夫の仕事と日程調整。

その他に、娘の保育園の行事と父母の会活動が重なると、私の頭の中はもうぐちゃぐちゃ。毎日を何とかこなしている感じです。

小学生の子どもの親になったことを実感する毎日ですが、親がこれだけ忙しいんだから、学校の先生が忙しいのも当然です。

先生が事務作業や報告文書の作成の多さから解放され、子どもと向き合うゆとりを持って、子どもたちと一緒に授業や学校生活を楽しめるような環境づくりが、何より大切だと思うのは私だけではないはず・・・。

子どもたちが、“楽しい!嬉しい!大好き!”って感じる気持ちを大切にできる大人社会でありたいです。

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »