« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月12日 (火)

学校給食を申し込む?

2月6日の茨城新聞1面に「水戸市 全保護者に確約書 給食費滞納 『提供中止、異議唱えず』」の見出し。記事を読んで、「ここまできたか・・・」と思ってしまいました。

各学校を通じて保護者に配られるという「学校給食申込書」には、

▽給食費を遅れずに納入すること

▽万一遅れた場合、誠意をもって未納金を納入すること

▽滞納した場合、特別な事情がない限り給食の提供を中止することに異議はありません

―と書かれていて、保護者はこの内容を学校と教育委員会に約束する意味で署名・押印し、学校に提出するようです。

この記事を読んでから1週間。私の息子の学校ではまだ配られていないようで、持ち帰ってきていません。すでに配布されたお母さんに、先日その内容を見せてもらいました。

今日は、教育委員会で担当になっている学校教育課の課長さんから、申込制度を導入するにいたった目的や経緯も伺いました。

義務教育は無償とされているのに、なぜ給食費は保護者の負担があるの?

率直な疑問だと思います。私も今回調べて初めて読んだ「学校給食法」なる法律に、給食にかかる経費のうち、自治体負担と保護者負担の内容がそれぞれ明記されてるんですね。

(学校給食法→http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S29/S29HO160.html

保護者は基本的に食材費を負担するとのこと。息子の給食費は月々4,300円なので、1食あたり200円ちょっとという計算。

息子の場合、卵アレルギーに対する代替食まで対応していただいて、本当に助かっています。

ただ、息子いわく「食べる時間が15分しかなくて、全部食べれない時がある」とのこと。そういえば、入学説明会で「食事は20分で食べれるように」と言われましたっけ・・・。

話がそれましたが、もちろん我が家では、今までも、これからも給食費は払うつもりです。それでもやっぱり、この「申し込み」というのには釈然としない気持ちが湧いています。

何より、親が給食費を払わないといって、子どもに給食を食べさせないなんてことが本当に教育の現場でできるんでしょうか。クラスの中で、他の子どもは給食を食べているのに、ある1人だけに給食を配膳しないなんてできるんでしょうか。

子どもとの信頼関係をつくろうと一生懸命努力し、子どもたち同士の仲間意識や一体感をつくろうと頑張っている担任の先生は、このことをどう思っているのでしょう。滞納している家庭への連絡や徴収も担任の先生が担っているだけに、心が痛みます。

「払えるのに払わない」と言われる家庭も、ひとつひとつ見れば事情は様々。給食費だけの問題にとどまらず、借金の返済などで家計そのものが成り立たない家庭も増えているように思います。

息子が学校から申込書を持ち帰った時には、また申込書とにらめっこして考え込んでしまいそうです。息子ともじっくり話し合わなくちゃ。

良くも悪くも給食の思い出は、誰の心の中にも印象深く残るものです。

子どもにとってどうなのか―。

そのことをいつも大切にしていないと、大人社会はどんどんゆがんでいきそうです。

| | コメント (2)

2008年2月 4日 (月)

神栖で思うCO2

今度の日曜日投票を迎える神栖市議選の選挙応援のために、初めて神栖市に行ってきました。

道路はあちこちで凍結していて、スタッドレスタイヤの私の車も、ツルッ!ウソー!ひやっ!の思いを何度かしながら、普通なら1時間半の道のりを、2時間たっぷりかかって無事に選挙事務所まで到着。

あやめの郷・潮来市からの有料水郷道路を走ると、目の前に広がる風景が一変し、化学工場の赤白煙突が建ち並び、白い煙がモクモク。

昨年末に爆発事故があったのも、神栖市の三菱化学工場でした。

道路は広く、大型車や営業車の交通量はすさまじく、宣伝カーで回りながら「この街だけで、二酸化炭素をどれだけ出してるんだろう?」なんてことを考えてしまいました。

排出した二酸化炭素の量におうじて税金をかける炭素税(=環境税)の案を聞いたとき、私一人でどれだけの税金?、一般家庭でどのくらい?と思いましたが、日本のCO2総排出量の8割は企業や事業所が占めているという記事が新聞に載っていました。

環境NGO(「気候ネットワーク」)の調査結果だそうですが、その中でも、石炭火力発電所、製鉄所、セメントなどの大手180事業所が全体の51%を占めるCO2を排出しているそうです。

家庭はわずか5%という数字を見ると、もちろん家庭での省エネやマイカー抑制のエコライフは大切だけど、大量に出している企業や事業所ごとに、CO2排出量の削減数値をきちんと義務付けたり、上限を決めたり、炭素税を実施したりしなければ、日本全体で大きくは減らないでしょうね。

私たちのライフスタイルや価値観さえも変わらざるを得ない状況にまで、地球の温暖化は進んでいます。

同じ新聞記事の紙面には、私も子どもの頃見ていたテレビ「できるかな」で工作していた“ノッポさん”が、「温暖化が心配ですから、小さい人(こども)たちの未来のために、自動車の運転はやめました。」と語る記事が掲載されていました。

う~ん、私にそこまでできるか?ちなみに夫は車を持たず、片道7.5キロの道のりを毎日自転車通勤するエコマン?です。

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »