« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月30日 (火)

明日は大晦日

我が家の庭にも霜柱が出来る朝の冷え込みに、年の瀬を感じます。近所の家の玄関には、しめ飾りが目立ち始めました。

毎年、この時期になると、茨城の美味しい干し芋を徳島と岐阜の実家に送っていますが、今年も孫たちの写真を入れて送りました。

そして我が家には、毎月お米を買っている農家から、いつものように黒豆、小豆、もち米、味噌、漬け物のお歳暮が届きました。今年のお正月は実家に帰省しないので、これで明日の大晦日に黒豆を煮ようと思っています。

子どもの頃の大晦日の思い出といえば、年に一度、夜中の12時まで起きていて良い日で、テレビがなかった我が家ではなく、祖父母の家でみんなで夕飯を食べて紅白歌合戦を見、行く年来る年が終わって新年が明けたら、寒い真夜中に家を出て、母と一緒に近所のお寺さんにお参りをして鐘を突き、参拝者同士で新年のご挨拶を交わす-。

そんな大晦日の夜が、懐かしく思い出されます。

| | コメント (0)

2008年12月26日 (金)

今年は手作りで

クリスマスも終わって、気が付けば今年もあと5日。今週は、クリスマスの準備をしたり、年賀状を作ったりしていたせいか、何かと忙しく毎日が過ぎていきました。

今年は時間にゆとりがあるのと節約も兼ねて、クリスマスも年賀状も手作りで。

近所の肉屋で牛のスネ肉を1.2kgも買い込んできて、半日かけてビーフシチューを煮込んだり、フライパンケーキを焼いたのを2段重ねにして、子どもと一緒に生クリームやいちごを飾ったりcake・・・。

イヴの夜は、家族みんなでビーフシチューやケーキをお腹いっぱい食べて、子どもたちがサンタさんのプレゼントを楽しみにしながら眠りについた後、夫と私は年賀状のプリント作業。

年に1度の近況報告を兼ねた御挨拶です。

25日の朝は、学童クラブに行く息子のお弁当をつくっている私に、子どもたちがサンタさんからのプレゼントを嬉しそうに報告してくれました。息子は自転車、娘はクレヨンとお絵かき帳、生まれたばかりの息子にも哺乳瓶の贈り物。

その日は、娘が通う保育園でクリスマス会があり、いつもは仕事で行けなかったけど、今年初めて見てきました。娘のクラスの出し物は、クリスマスというのになぜか子どもたちが忍者になってサンタさんに手紙を届けるという劇。

いつもの忙しい年末とは違った今年の年末ですが、子どもの喜ぶ顔をたくさん見られてよかった。

| | コメント (0)

2008年12月10日 (水)

去年の今頃は・・・

去年の今頃は、12月議会中の忙しいさなかにありながらも、“子どもは3人欲しいけど、無理かな?どうしようかな?”と真剣に迷っていた私。

それが1年経った今、こうして赤ん坊を胸に抱き、新しい家族が増えた幸せを感じています。

“議員の仕事に2人の子どもがいて、仕事と家事・育児は今でも毎日が綱渡り。3人なんて考えただけでもゾッとする忙しさ。やっぱり諦めようか・・・”と思う自分と、“ずっと思い描いていたのは子どもが3人いる5人家族。議員じゃなければ3人産もうと思えるのに、忙しいからって諦めたらきっと後悔する時が来る・・・”と思う自分の間で、気持ちが揺れ動いていました。

でも、結局は“何とかなる!後悔したくない!”といういつもの楽天的な私の性格だったのかな?

これが最後の赤ちゃん、と思うと毎日が充実。おっぱいライフもたっぷり楽しもうと授乳服をモーハウス(→Mo-HouseのHP)で購入。2月に仕事に復帰してからも、できるだけ母乳を続けたいなぁとは思うけど、やっぱり議員の仕事モードに気持ちも身体も切り替わってしまうのか、前はひと月も経つとおっぱいの出が悪くなってしまいました。

だからこそ今を大切にと思う日々の中、赤ん坊は確実に大きくなってます。ベビーバスならぬ我が家のキッチン流しバスを卒業して、今週からお風呂に入れるようになったし、娘の保育園へのお迎えにも連れて行って「誰の赤ちゃん?」「名前は何て言うの?」という子どもたちの質問攻めにもあって保育園デビューも果たしました。

Img_2544_2 これから少しずつ外に出られるようになるのに、季節はだんだん寒くなる冬というのがちょっと残念ですが、外出の時に寒くないようにと西○屋で買ってきた80cmサイズの防寒着の手と足の部分を短く詰めて、赤ちゃんサイズに。

Img_2551_4 寒さが増してクリスマスやお正月が近づいています。“このままでは年を越せない。雇用と住む場所を守れ!”と立ち上がる労働者の熱いたたかいが、もっともっと広がるように。まともに働いて、人間らしい生活が送れるようにと思わずにいられない師走です。

| | コメント (1)

2008年12月 4日 (木)

まごわやさしい

昨日は息子の小学校の参観日。私がいけない代わりに、夫が時間休を取って背広姿で学校へ。息子は、学区内探検の授業で地域の老人ホームを訪ねた様子を、グループで紙芝居をつくって発表したそうです。

Img_2543_2 廊下には図工の時間に作った子どもたちの作品が飾られていて、夫がパチリ!記念に撮ってきてもらいました。

“平日に夫がいる時間を有効に使わなくちゃ”と、この時とばかりに息子と娘にインフルエンザの予防接種を受けさせようと、病院に行ってもらいました。今年は早くも流行り始めているようで、気をつけなくちゃ。

同じく昨日、赤ん坊の1カ月検診のため産院へ行ってきました。体重の増え具合も、身体の様子も心配なし、とのことでひと安心。

この1か月で体重は1日平均50g以上も増えていて、見るからに身体がプクプクしてきました。今日で4,000gちょうど。ありがたいことに母乳がたっぷり出るのでミルクを飲むこともなく、母乳100%。

自分の体から出る母乳だけで大きくなってるんだなぁ・・・と思うと母親の実感が自然と湧いてくるし、自分が食べるものにも責任みたいなものを感じます。

1人目の子どもがアトピーで、卵・乳製品が食べられない時期が長く続いて、家での食事作りにもずいぶん苦労しました。その苦労が、工夫する楽しみに変わっていったのですが、そんな時に知った「まごわやさしい」。

「ま」は豆、「ご」はゴマ、「わ」はワカメなどの海藻、「や」は野菜、「さ」は魚、「し」はシイタケなどのきのこ、「い」はお芋。

日本で作られた、おいしくて、身体に良くて、安全な食べ物が、生産者にとってもいい価格で、それを買う私たちにとってもいい値段で手に入る。それが豊かさにつながるってことが、今、見直されているようですね。

見直されるといえば“布オムツ”も、きっと少しずつ広がっていくんじゃないかなぁ・・・と、布オムツ派の私はひそかに期待しています。

| | コメント (0)

2008年12月 1日 (月)

12月ですね

今日から12月。水戸市議会は3日から始まりますが今回は休ませていただくことにし、いつもと違う12月です。

出産後、水戸に来てくれていた母が、今朝、徳島に帰りました。

我が家の冷凍庫には、母手作りのギョウザとコロッケがぎっしりストックされています。昨日焼いてくれたフライパンケーキも。しばらくの間は、“おふくろの味”を楽しめそうです。長い間、ありがとう。

年明けには長野に住んでいる3歳年下の妹が初めての出産を迎えます。いったん徳島に帰った母は、今度は長野へ行くようで、ご苦労様。

その妹から、出産祝いに手編みの可愛いベビー帽のプレゼント。自分の子どものために編んだ帽子とお揃いの色違いだそうで、一緒に届いた干し柿も美味しかった。

Img_2537

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »