« 2010年7月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年8月26日 (木)

ご馳走様の一日

先日、五浦美術館(北茨城市)に始めて行ってきました。県立の岡倉天心記念館です。天心さんは今の東京芸術大学の初代学長さんで、横倉大観の師匠さんのような方。

五浦美術館ができて、もう何年も経つと思いますが、私の記憶にあったのは、この美術館を設計した建築家が長野県安曇野にある“いわさきちひろ美術館”を設計した人と同じ内藤廣氏だということくらいでした。

Img_3166 行こうと思い立ったのは、息子が学校からもらってきた美術館の企画展「いのちのかがやき」の案内チラシに、何とも言えず惹かれて、実物の絵を見てみたいなぁと思ったから。

久しぶりに美術館という空間に身を置き、絵の前に立つと、普段使っていない脳みそがウズウズ動き出すような感じ・・・。右脳かな?

日本画の伝統的な「花鳥画」を描く現代の画家たち(私より若い画家さんもいました)の作品は、どれも画面構成と色彩が、意匠的で装飾的で、伝統的なものもしっかりと感じて私好み。満足、満足な気分でした。

美術館がある絶好のロケーションから太平洋を望む景色はこの上なく、天心さんのお眼鏡にかなった場所というのもうなずけます。ついでに旧天心邸や六角堂も初めて見てきました。

高速道路での帰り道には、これも初めて勝田駅近くのサザコーヒー本店に立ち寄りました。一歩店に入ると、街中とは思えない素敵な緑の庭に囲まれた店内で、こんな暑い日なのに何とも言えず爽やかな風が通り抜けるテラスでいただいたコーヒーは格別でした。

久しぶりです。いつも賑やかな子どもたちがいない、ゆっくりできた“ご馳走様”の一日でした。普段から、右脳も左脳もフルに使った活動ができると、もっと楽しい発想が浮かぶんでしょうけど。

| | コメント (1)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年11月 »