« 2011年10月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月23日 (月)

災害援護資金貸付制度

大震災による被災者の生活再建を後押しする各種制度が実施されていますが、対象となる方に制度の内容が伝わっていない、制度の矛盾で利用できない・・・ということに多々ぶつかり、そのたびに一緒になって解決にあたっています。

解決できないこともあるけれど、制度の窓口である市役所(実際には市の職員)に何度も被災者の困っている状況を直接伝え、解決できることも。

「制度上、こうなっていますから・・・」と言われることも多いのですが、1000年に1度と言われた東日本大震災の被災者に適用できないなら、制度内容を変えるのが行政の仕事でしょ!と言いたくなるものです。

でも、市役所も職員さんも窮状をを理解して努力してくれます。

先日は「災害援護資金貸付制度」で助かりました。

Sさんは、以前住んでいた住宅が全壊。借地に自分で建てた家でした。家族3人、市営住宅で避難生活を送ってますが、決意して母親名義で所有していた土地(宅地で空き地)に家を新築することに。

その建築費用に災害援護資金貸付制度を利用したのです。問題はその金額でした。全壊の場合は貸付限度額が250万円。建て直す際に、前の住居を取り壊さざるを得ない場合は100万円上乗せされて350万円になります。

Sさんも私も、当然350万円をと考えました。借地に建っている家は取り壊さなければなりませんから。

ところが250万円か350万円かで、1ヶ月近くも市とやり取りしたのです。

現在地建て替えでなく、別の場所に立て直すから・・・と検討必要とされたのです。

市の申請窓口(福祉総務課)にSさんと一緒に相談にも行きました。課長にも実状を伝えました。県の担当課にも問い合わせました。

そして、ようやく100万円の上乗せが認められたのです。あきらめかけた頃の、市役所からの嬉しいニュースでした。

この結果は、Sさんだけが良かったのではなく、今後、同じようなケースの方にも道を開くものでした。

こういうことの積み重ねが、被災者の支援につながっていくんですね。

一番の力は、被災者であるSさん本人の強い意志と、理解してくれるのではないかという行政への信頼?

| | コメント (0)

2012年1月18日 (水)

yuikaの誕生日

yuikaが7歳になりました。誕生日は平日でしたが、その日は頑張って早めに学童クラブに迎えに行き、プレゼントとケーキをお買い物。

Img_3886 プレゼントは即決でサッカーボール。ケーキは迷いに迷ってマカロン付チョコレートケーキ。

急いで家に帰って、夕食にはyuikaが好きなハンバーグとからあげを作りました(実はちょっと手抜きの・・・)。

ごはんを食べたあと、yuikaの母子手帳を一緒に見ながら、帝王切開で生まれてきたことを話してあげました。

兄と弟にはさまれて逞しく育つyuikaですが、性格が激しいせいか、女同士ということなのか、私もついつい叱りがちangry・・・。

成長するにつれて、母と娘のいい関係をつくれるといいなぁ~というのが私の願いです。

| | コメント (0)

2012年1月17日 (火)

妹から新築祝い

長野県駒ヶ根市に住む妹から、遅ればせながら・・・と我が家の新築祝いが届きました。

手作りの干し柿やジャムと一緒に、ルクルーゼのお鍋。丸形・チェリーレッドの20cm。薪ストーブ生活では先輩の妹から、うれしいプレゼントでした。

Img_3867 高価なお鍋なのに・・・と感謝しつつ、さっそく薪ストーブの上にのせて煮込み料理。レシピは、大根と小豆のちょっと変わったミネストローネ。『暮らしの手帖』55号“冬の食べるスープ”に紹介されていました。

いつもお米を買っている農家さんからお歳暮にいただいた小豆をどうしようかな・・・と思っていたので。

薪ストーブの火加減よろしく、赤いお鍋の中でトマトの具だくさんスープが煮えています。小豆の甘さとトマトの酸味がいい感じでした。

『暮らしの手帖』は、ホントに時々買う雑誌。今回は夫の友人に勧められて久しぶりに買いました。

というのも、55号に夫の友人のご家族が紹介されているのです。栃木県益子町で暮らすKINTAさんご一家。KINTAさんの妻・美雪さんと夫が同級生なのだそう。今年の年賀状に掲載のことが書いてあり、暮らしの手帖を通してステキな暮らしぶりを、また知ることができました。

「日々の暮らしを大切に生きる」というメッセージがつまった雑誌です。丁寧につくられた1ページ、1ページを、寝る前のベッドの中でゆっくり読みふける時間は、くつろぎの時です。

昨日、久しぶりに千波湖を一周ジョギングした足の疲れと、今日の東海村議選応援の喉の疲れをいやしながら、今夜は何の記事を読もうかな?

| | コメント (0)

2012年1月 1日 (日)

故郷でのお正月

謹 賀 新 年

ありがたいことに、穏やかにお正月を迎えることができました。

今年は徳島の実家で元日です。

新年を迎え、除夜の鐘が響いています。

私も、母と息子と3人で、近くの薬師寺に詣でてきました。

澄み切った空にはいくつもの星々がまたたき、あの3月11日の震災の日、電気がすべて消え、漆黒の中に見上げた水戸の星空を思い出しました。

薬師寺で突いた鐘の音が自分の身体に響きわたり、鐘を突く私の後ろで住職さんが「ええことがありますように」と念じてくれました。

息子が引いたおみくじは「小吉」。「学問 自己の甘さを捨て勉学せよ」との言葉は私自身に、と思いました。

お寺であたたかいお汁粉をいただきながら、焚火にあたり、心温まる故郷でのお正月です。

明日には水戸へ帰ります。また、今年もがんばろう。

Img_3814 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

江尻加那

| | コメント (2)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年2月 »