« 2012年3月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年6月26日 (火)

うれしさ半分・残念さ半分

今日で6月議会が終わりました。

茨城県内44ある市町村の議会のうち、6月議会終了時点で20議会が、東海第2原発の再稼働中止や、廃炉を求める意見書や請願・陳情を採択したとのこと。

日本で初めて原子の火が灯ったと県民の歌の歌詞にもなっている茨城で、過半数に迫る広がりです。福島第一原発事故によって放射能にさらされた県民、子どもをもつ母親の声は議会を、首長を動かしています。

水戸市議会でも、東海第2原発の再稼働中止や廃炉を求める意見書を国や県に提出して欲しいという5件の請願・陳情が、一括して趣旨採択されました。全議員が賛成しての全会一致による可決です。すごい!

その陳情団体のひとつ、「希望のたね・みと」は、今まで議会に陳情を出したこともなければ、議会を傍聴した経験もないような、言ってみれば普通のママ達が中心になって発足したグループ。

その皆さんが、「放射能汚染という危険をもつ原発は再稼働しないで欲しい」-この思い一つで、短期間に16,690名の署名を集めたのです。切実な思いとねばり強い活動に本当に励まされました。

趣旨採択できて本当に良かった。

そして、この皆さんの思いにそった意見書を国や県に出せればもっと良かった。

というのも、せっかく請願・陳情は趣旨採択されたのに、議会で可決された意見書には、東海第2原発の「廃炉」は一言もなく、再稼働についても「安易な再稼働を行うことなく」となっているのです。

「安易」じゃなければ再稼働もあり得るってことなの?と受け止めるのは、私がひねくれているからなのか・・・。

そうじゃない。

「脱・原発依存」と言いながら大飯原発を再稼働するような今の国に対しては、やっぱり、安易かどうかなんて曖昧な表現ではなく、老朽化して危険な東海第2原発の再稼働は認めない、「再稼働を行うことなく」とはっきり示さなければ歯止めにならない。

県内で最初に意見書を採択した取手市議会は、6月議会で大飯原発再稼働の撤回を求める意見書を全会一致で採択したとのこと。一歩も二歩も前を行ってます。

だからこそ、東海村の村上村長は、はっきり再稼働反対、廃炉にすべきと表明し、立地自治体首長のこの姿勢がどれだけ多くの人たちを励ましているか。

何より、請願や陳情を提出した皆さんの願いはそこにあるんだ、と思って意見書に「反対」しました。

そして、対案として、東海第2原発の再稼働中止と廃炉を明記した独自の意見書を提出しようと3名の共産党議員で取り組みましたが、少数意見(と言っても地方自治法にある議案提出権の要件は満たしているのですが・・・)として議会への上程さえ認められませんでした。

いろいろな山場のあった6月議会でした。議会のことを文章にすると、どうしても漢字が多くなってかた~い感じになってしまいます。が、議会の中身はわかりやすく、親しみやすいものにしなくちゃ・・・と傍聴者の皆さんの声に感じたのです。

| | コメント (2)

2012年6月14日 (木)

代表質問で原発を問う

6月11日から水戸市議会が始まりました。26日までの会期予定。

日本で最初に原発が稼働した茨城で、現在、県内44市町村のうち12の地方議会が、東海第2原発の再稼働中止や廃炉を求める請願や意見書を採択。

放射能汚染を直接受けている茨城で、原発なくそう!の声が議会を動かしています。

東海第2原発から30km圏内にあり、県都である水戸市の意見表明の意味は大きく、6月議会で請願、陳情の採択をめざします。

私は18日(月)午後3時頃から代表質問の予定。通告した質問内容は以下の通りです。

1.東海第2原発の再稼働中止と廃炉を求め、市のエネルギー施策推進を

1)大飯原発再稼働に向けた政府判断について

2)水戸市議会に提出された請願、陳情及び約17,000名の署名について

3)東京電力の電気料金値上げについて

4)再生可能エネルギーの利活用による発電能力の拡大について

2.消費税増税について

1)市財政と市民生活への影響について

2)増税反対の表明を

3.市役所本庁舎等の整備について

1)災害時等における安全性の確保について

2)市民検討委員会について

4.子育て支援施策の拡充について

1)中学校3年生までの医療費助成実施を

2)幼児教育課の新設による保育所及び幼稚園施策について

5.幼児発達支援と特別支援教育について

1)療育センターの機能強化について

2)ことば・こころの教室の拡充について

3)特別支援教育支援員及び障害児補助員について 以上

| | コメント (0)

2012年6月 3日 (日)

おめでとう★100歳

100歳のお祝いといっても家族の誰かがめでたく100歳というのではありません。

我が家5人の年齢を合計するとなんと100歳ピッタリshineということで、みんなでお祝いをすることにしました。夫41歳、私38歳、kento11歳、yuika7歳、kousei3歳。

kentoが「オレら合わせて100歳だ!」と発見?したことがきっかけで、今月の私の誕生日前にお祝いすることに。

アイスケーキを買ったお店で、「チョコプレートにお書きするメッセージは?」と聞かれ、「HappyBirthday100才でお願いします」と応えたら、店員さんはびっくり!「おめでとうございますhappy01」と言っていただきました。

Img_4051

5本のロウソクをみんなで吹き消した後、「200歳のときもお祝いできるといいね」と言ったら、「オレが31歳だー」とkento。

20年後の2032年。そんな未来が実現したらなんて幸せだろうと思います。

| | コメント (1)

« 2012年3月 | トップページ | 2013年1月 »