« おめでとう★100歳 | トップページ | うれしさ半分・残念さ半分 »

2012年6月14日 (木)

代表質問で原発を問う

6月11日から水戸市議会が始まりました。26日までの会期予定。

日本で最初に原発が稼働した茨城で、現在、県内44市町村のうち12の地方議会が、東海第2原発の再稼働中止や廃炉を求める請願や意見書を採択。

放射能汚染を直接受けている茨城で、原発なくそう!の声が議会を動かしています。

東海第2原発から30km圏内にあり、県都である水戸市の意見表明の意味は大きく、6月議会で請願、陳情の採択をめざします。

私は18日(月)午後3時頃から代表質問の予定。通告した質問内容は以下の通りです。

1.東海第2原発の再稼働中止と廃炉を求め、市のエネルギー施策推進を

1)大飯原発再稼働に向けた政府判断について

2)水戸市議会に提出された請願、陳情及び約17,000名の署名について

3)東京電力の電気料金値上げについて

4)再生可能エネルギーの利活用による発電能力の拡大について

2.消費税増税について

1)市財政と市民生活への影響について

2)増税反対の表明を

3.市役所本庁舎等の整備について

1)災害時等における安全性の確保について

2)市民検討委員会について

4.子育て支援施策の拡充について

1)中学校3年生までの医療費助成実施を

2)幼児教育課の新設による保育所及び幼稚園施策について

5.幼児発達支援と特別支援教育について

1)療育センターの機能強化について

2)ことば・こころの教室の拡充について

3)特別支援教育支援員及び障害児補助員について 以上

|

« おめでとう★100歳 | トップページ | うれしさ半分・残念さ半分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おめでとう★100歳 | トップページ | うれしさ半分・残念さ半分 »