« 美味しいもの食べること | トップページ | 子どもの医療費 »

2013年1月 7日 (月)

調整池も放射能測定

Img_43287日から子どもたちは3学期がスタート。始業式は給食がないのでお弁当です。学童クラブに届けるyuikaのお弁当。

鮭ごはん、肉団子、卵焼き、ブロッコリー、みかん。とりあえず、好きなものばかり・・・。

連日、氷点下の朝が続き、我が家のすぐそばにある調整池も薄氷が張っています。

カモたちは斜面で日向ぼっこ。千波湖や大塚池のような白鳥は飛来してきませんが、カモ、白鷺、カメ。以前はキジもいました。

Img_4332 写真の左下に見えるのは、工事のための大きな土のう袋。

大震災で斜面の一部がゆるんだため、ようやく今になって補修工事が始まりました。池は高いフェンスで囲まれていて、普段は入れないようになっています。

調整池といえば雨水のたまり場所。といえば心配なのが放射能です。

池を管理する水戸市が、工事の前に測定しています。広さ4,900㎡の調整池の、5ヶ所で、高さ1m地点を昨年12月24日に測定。

測定データをもらいました。測定値はそれぞれμsv/hを単位に、①0.110②0.140③0.133④0.190⑤0.195。

いつも公表されている水戸市の測定値より若干高めです。空間線量が基準値にしている0.23μsv/hを超えれば、もっと詳しい調査や、調整池の底土も測定するのでしょうけど・・・。

学校や公園、給食食材などの測定結果は市役所のHPでお知らせされていますが、こうした工事に合わせて測定されたデータは公表されていません。

通常、公表されている以外にも、公共工事の場所や内容を考慮して、住民から要望がなくても放射能測定を実施するようになっています。

心配な場所があれば、水戸市役所(TEL:029-224-1111)の地域安全課に問い合わせるのが、まず出来ることです。

|

« 美味しいもの食べること | トップページ | 子どもの医療費 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美味しいもの食べること | トップページ | 子どもの医療費 »